Accessibility
更新日:

島田市廃棄物減量等推進協議会

令和2年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会開催報告(令和2年8月6日掲載)

出席者の氏名等

草野委員(会長)、田中委員(副会長)、井出委員、臼井委員、大石委員、小澤委員、河村委員、杉本委員、杉山委員、鈴木委員、服部委員、牧野委員、村上委員、望月委員、森下委員、山中委員

(市)三浦地域生活部長
(事務局)橋本環境課長、大庭衛生係長、杉山主査、濱本技手

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果

自己紹介

会長、副会長の選出

会長に草野勝利氏、副会長に田中一彦氏が決定

島田市のごみ処理における現状と課題について

年間排出量の資料等を基に説明

令和2年度からの主な取組み施策について

島田市一般廃棄物処理基本計画中の基本方針を基に説明

委員からの質問、意見等

  1. 現状と課題で「生ごみの水切り」の試算があったが、どの程度絞れば良いのか。
  2. ガス化溶融炉において、水分を減らすことは酸素の供給を減らすことにならないか。
  3. 透明のプラ容器は、スーパー等で資源として回収している所があるが、市では燃えるごみとなっているが何故か。
  4. 会議室内に掲示してある図は何か。
  5. ごみ排出量が他市に比べて多いのは、焼却炉が影響しているのではないか。
  6. 民間で処理したものは排出量にプラスされるのか。
  7. 何年やっても水切りは徹底できない。生ごみ処理容器キエーロを普及させるにも半額の補助しかない。また、キエーロ自体を実演しながらの説明会を実施すれば、勉強にもなるし、良いと思う。
  8. この基本計画は、どこに出しても恥ずかしくないものであると思う。あとは行政の本気度、いかに計画どおり進めていくかにかかっている。

市の回答

  1. 生ごみの現状の水分(78.9パーセント)を半分(50パーセント)に絞った場合、それだけで1人1日当たり107グラムの削減が見込まれ、基本計画の最終目標を大幅にクリアできることから、今後も継続して生ごみの水切りを推進したい。
  2. 水分以外にプラなどは助燃剤として活用しており、様々なごみに関して、施設の建設前に設計を組んでいます。ただし、生ごみの水分を現状の半分にすることで、施設の運転に支障をきたすものではありません。
  3. 施設稼働前に焼却について設計を組んでおり、プラは化石燃料(コークス)の助燃剤として活用しています。そのため、プラを減らすことは、その分、化石燃料を増やすことになり、環境負荷の観点からどちらが良いか慎重に吟味しなければなりません。島田市としては、ペットボトル、白色トレイ等、リサイクルルートが確立されたプラは勿論、今後も分別を推進していきますが、その他のプラは環境負荷軽減の観点から助燃剤として今後も活用していく考えです。
  4. 田代環境プラザの施設構造とその効果について、高温による有害物質の抑制や焼却灰(最終処分量)の減容化が図られることを説明。会議後、田代環境プラザ見学ルートを施設係職員により説明。
  5. 藤枝、焼津は同じ広域事務組合で焼却しており、ガス化溶融炉ではなく、ストーカ炉のため、ビニール・プラを分別し、焼却せず資源ごみにしていますが、ごみの排出量は燃えるごみだけでなく、資源ごみもプラスしてカウントするものであり、島田市がガス化溶融炉だからごみの排出量が多くなるものではありません。
  6. 例えば、スーパー駐車場に民間が容器を設置、回収する古紙等は排出量にカウントされません。これは島田市だけでなく、藤枝、焼津も同じであり、同じ算出方法で計算した値(1人1日当たりのごみ排出量)が単に近隣3市と比較して1.3倍になるということです。
  7. 今年度は説明会を積極的に実施する予定だったが、コロナ禍により慎重にその実施を検討しなければならない状況を理解いただきたい。キエーロの補助率については、財政的な問題もあるため、市として継続して協議・検討させていただきたい。

田代環境プラザ見学(施設係濱本技手対応)

提出された資料等
会議を所管する課の名称 環境課

令和2年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会の開催(令和2年7月15日掲載)

会議の名称 令和2年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会
開催日時 令和2年7月28日(火曜日)午後2時より
開催場所 田代環境プラザ3階大会議室
会議の議題

議事

  • 島田市のごみ処理における現状と課題
  • 令和2年度からの主な取組み施策について
会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 5人
傍聴手続き

会議開始時刻の午後2時までに会場に入場して下さい。

傍聴は、先着順です。

定員を超える場合、入場できません。

会議を所管する課の名称

環境課

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?