Accessibility
更新日:

島田市廃棄物減量等推進協議会

令和元年度第3回島田市廃棄物減量等推進協議会の開催(令和元年12月10日掲載)

会議の名称 令和元年度第3回島田市廃棄物減量等推進協議会
開催日時 令和元年12月11日(水曜日)午後1時30分より
開催場所 田代環境プラザ3階大会議室
会議の議題

(議事1)提言事項の取りまとめ(前回までの協議結果)について

(議事2)提言書(案)の整理(減量目標数値案も含む。)について

(議事3)提言書の決定について

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 5人
傍聴手続き

会議開始時刻の午後1時30分までに会場に入場して下さい。

傍聴は、先着順です。

定員を超える場合、入場できません。

会議を所管する課の名称

環境課

令和元年度第2回島田市廃棄物減量等推進協議会開催報告(令和元年12月10日掲載)

 
出席者の氏名等 草野委員(会長)、田中委員(副会長)、井出委員、小澤委員、杉本(文)委員、杉本(静雄)委員、杉山委員、鈴木委員、髙戸委員、長島委員、望月委員、森山委員
(事務局)三浦部長、橋本課長、織田係長、大庭衛生係長、杉山主査
公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果

議事「事前調査表に基づく市長へ提言すべき取組内容」について

各委員から提出された「事前調査表」の取りまとめを説明。内容が自身の意図を反映したものか確認する。

(委員からの意見と事務局の回答)抜粋

  • 生ごみ処理容器「キエーロ」の無料配布は使用希望者に限定しているため、庭等に設置する十分なスペースがある方ばかりではないので、予算的に可能ではないか。→提言としては有難いが、予算的な問題があるため、実施は長期とさせていただく。
  • レジ袋の有料化は企業努力や国の施策での対応はあるが、かなりの排出量となるため、市独自で規制をかける等、スピード感を持って対応すべきではないか。→全国的に統一した取組を見守りつつ、提言としては採用するが、規制をかけるとなると難しいため、規制を検討するという形で提言書に記載していく。
  • キエーロをごみ集積場に設置し、生ごみはそこに投入すれば減量につながるのではないか。→ごみ集積場に設置できる場所であるか、また、キエーロが1世帯に対応できる容量しか処理できない等の様々な課題があるので、その点を十分に検討したい。
  • ごみ処理(収集・リサイクル)のことを考慮し、できる限り分解して排出できないか。→市民の皆様の御理解があってのことなので、実現には時間が掛かるが、提言として挙げていきたい。
  • その他、処理経費削減の観点から、収集回数の削減、ごみカレンダーの簡素化等の意見もあった。また、啓発・情報発信として、SDGsの認知度アップや食品ロスの削減、廃プラスチック類の削減といった社会情勢に合わせた新たな提言等、様々な意見をいただいた。
  • ごみの有料化など、提言書にあっても実現が難しいもの等については、提言書に残すのはどうかという意見もあった。
  • 令和7年度の減量目標については、実現不可能な目標ではなく、実現可能な目標値の設定で良いのではないかとの意見もあった。
提出された資料等
  • 前回市長に提出された提言書
  • 委員からいただいた事前調査表の取りまとめ(前回提言書と比較できるコメント付き)
会議を所管する課の名称 環境課

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?