Accessibility
更新日:

島田市廃棄物減量等推進協議会

平成30年度第2回島田市廃棄物減量等推進協議会開催報告(平成31年2月14日掲載)

 
出席者の氏名等 草野委員(会長)、田中委員(副会長)、井出委員、小澤委員、河村委員、佐野委員、杉本委員、杉山委員、鈴木委員、髙戸委員、長島委員、牧野委員、望月委員、森山委員
(事務局)橋本環境課長、大庭衛生係長、杉山主査
公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果

(報告事項1)平成29年度ごみ処理及び経費について

平成26年度からの推移や島田市一般廃棄物処理基本計画における目標値と実績を比較検証した結果を報告。

(報告事項2)平成30年度の市施策の取組状況について

島田市一般廃棄物処理基本計画における取り組み方針に対する現状の取組実績を説明。委員からは、雑紙の分別には細かい制約があるため、どういったものが該当するのか判りづらい。あまりにも制約が厳しいと面倒になり燃えるごみに入れてしまう様にならないか(→具体的な禁忌品を提示、分別の正確性よりも燃えるごみの減量の重要性を説明、今後も雑紙分別の周知・推進に理解と協力を依頼)といった意見があった。

(議事1)「2019年度ごみカレンダー資源とごみの分け方・出し方」について

在宅医療廃棄物及び啓発(レッド)カードの強調、スプレー缶の島田市の排出方法への理解等変更点を説明。委員からは、スプレー缶、使い捨てライター、ゴルフバック、チャイルドシート、ベビーカー、傘、掃除機等の具体的な排出方法の再確認があった。また、ごみ出しのルールを守らない者への毅然とした対応、ごみカレンダーの作成方法(保存版を作成し、各年は収集日のみを配布する方法)、ごみカレンダーの周知方法(防災の日等での周知、その他の市のパンフレットの統合・一本化)、外国人及び転居者への周知方法(ホームページの翻訳機能の活用、転居者に対する自治会等のフォロー体制)等の提案、意見があった。

(議事2)一般廃棄物処理基本計画の見直しについて

食品ロス削減に伴う生ごみの削減目標の追加、リサイクル率の数値目標削除、協議内容及び見直しまでのスケジュールを説明。委員からは、島田市の食品ロスの数量(→生ごみ中の食品ロスとそれ以外との区分は不可能であるため、全体の生ごみの削減を数値目標としていく方針)の確認があった。次回からの会議では、島田市のごみの現状と課題を整理し、一般廃棄物処理基本計画の取り組み方針等の見直しについて、具体的に議論し、最終的には「提言書」として取りまとめていくことをお願いした。

提出された資料等
  • 平成29年度のごみ処理量及び経費について(報告事項1)
  • 平成30年度の市施策の取組状況について(報告事項2)
  • 「雑紙回収日3月18日(月)」チラシ(報告事項2)
  • 「2019年度ごみカレンダー資源とごみの出し方・分け方」(平成31年2月1日校正分)(議事1)
  • 一般廃棄物処理基本計画の見直しについて(議事2)
  • 島田市一般廃棄物処理基本計画書抜粋(議事2)
会議を所管する課の名称 環境課

平成30年度第2回島田市廃棄物減量等推進協議会の開催(平成31年1月24日掲載)

 
会議の名称 平成30年度第2回島田市廃棄物減量等推進協議会
開催日時 平成31年2月4日(月曜日)15時00分より
開催場所 島田市役所会議棟D会議室
会議の議題

(報告事項1)平成29年度のごみ処理量及び経費について

(報告事項2)平成30年度の市施策の取組状況について

(議事1)「2019年度ごみカレンダー資源とごみの分け方・出し方」について

(議事2)一般廃棄物処理基本計画の見直しについて

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 5人
傍聴手続き

会議開始時刻の15時00分までに会場に入場して下さい。

傍聴は、先着順です。

定員を超える場合、入場できません。

会議を所管する課の名称 環境課

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?