Accessibility
更新日:

犬の適正飼育

犬の登録

  • 未登録の犬を飼う場合は登録が法律で義務付けられ、違反した場合は罰せられます。
  • 犬の登録手数料は1頭あたり3,000円です。
  • 他市町村で登録済の犬を飼い始めたり、当市に転入した時は、最寄の窓口に申し出て下さい。(鑑札や愛犬手帳など登録を証明するものを提示して下さい)
  • 他市町村で登録済の犬を飼い始めたり、当市に転入した場合は無料となります。
  • 他市に転出される場合は手続きは必要ありません。
  • 飼い犬が死亡した場合は死亡届出書を提出して下さい。
  • 犬の登録などに関するお手続きは、旧清掃センター環境課、市役所市民課、金谷南支所、金谷北支所、川根支所、六合行政サービスセンターで行えます。

狂犬病予防注射

  • 飼い主には、犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせるよう法律で義務付けられ、違反した場合は罰せられます。
  • 狂犬病予防注射は、4月から6月までに受けるようにして下さい。
  • 狂犬病予防注射は、動物病院や5月の集合注射会場で受けることが出来ます。

狂犬病って何?

  • 狂犬病ウイルスに感染している動物に咬まれることで人に感染します。潜伏期間の後、発症し、一度発症してしまうとほぼ100%の割合で死亡します。有効な治療法もなく潜伏期間に治療し発症を防がなければなりません。
  • 近年、日本での死亡報告はありませんが、世界各地で依然として多くの人が命を落としています。輸入動物によりいつ日本にもウイルスが進入するか予断を許しません。
  • 狂犬病予防注射が最も有効な予防法です。

集合注射とは

  • 毎年5月に集合注射として、市職員と獣医師が地域の公民館等へ出張し予防注射を実施しています。
  • 集合注射当日は、愛犬手帳、案内通知、予防注射料金(3,400円・注射済票交付手数料を含む)をご持参下さい。
  • なお、案内通知は4月中にご自宅に郵送いたします。
  • 例年4月に開催しておりましたが、2019年より5月の実施となります。

下の日程表をクリックしていただくと最寄りの集合注射の場所と時間が分かります。

平成31年度(2019年度)狂犬病予防注射日程表 (平成31年4月24日掲載)

犬が迷子になった

  • 犬が迷子になったら、すぐに連絡しましょう。
  • 万が一を考え、首輪に鑑札を付けたり、目立つように連絡先を書き込んでおけば、保護した方が飼い主に連絡することが出来ます。

連絡先

  • 島田市役所環境課(電話:0547-35-3744)
  • 島田警察署会計課(電話:0547-37-0110)
  • 県中部保健所衛生薬務課(電話:054-644-9283)

犬が人や家畜に被害を与えた

  • 犬はつないでおかなければなりません。
  • そのため、犬が人等に被害を与えた場合は連絡して下さい。届出が必要となります。
  • また、犬から被害を受けた場合も届出が必要となります。

まちの声

フンの後始末をしない

  • 散歩中のフンの始末は飼い主の責任です。
  • フンを取る袋を持っていても、使用しなければ持っていないと同じです。
  • 心ない飼い主によって、正しく飼育している多くの飼い主も迷惑しています。

鳴き声がうるさい・放し飼いをしている

  • 無駄吠えは、近所の人にとって大変迷惑です。けじめのあるしつけを心がけて下さい。
  • ドッグランなど決められた場所以外での放し飼いは原則として条例違反です。自宅周辺はもちろん、散歩中や公園でもリードを着けて下さい。
  • 室内飼育の場合は、外に逃げ出さないよう、部屋の入口や玄関などに柵などを設置してください。
  • 咬傷事故により訴訟問題に発展した事例もあります。
  • 飼い主の皆さん、大丈夫ですか?

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?