Accessibility
更新日:

生ごみたい肥の販売

生ごみたい肥の販売をしております。
在庫状況等は、田代環境プラザ(電話番号0547-34-1122)までお問い合わせください。

販売している生ごみたい肥について

1.生産方法

この生ごみたい肥(食品残さたい肥)は、食品関連の事業所から排出する、野菜くず・果物くず・ごはん、麺類等の残さ・豆腐製品・飲食店の残飯等を高速発酵処理機で乾燥・一次発酵させたものです。(魚介類の臓器は含まれておりません。)

2.利用の方法

たい肥ですので土壌改良に適しています。硬い土、水はけが悪い土壌、有機物が少ない土等に混ぜ合わせるといい土になり、空気も多く含まれる土壌になります。
家庭菜園やガーデニングの利用に適しております。
肥料成分は、あまり含まれていませんのでその他の肥料を適に与えてください。
利用上の注意として、次のことに気をつけてください。

  • 一次発酵後に袋詰してありますので完熟ではありません。臭いがあります。
  • 本品を土と良く混ぜてください。施用後すぐに種を蒔いたり、苗を植えないでしばらく(1週間~10日)土を落ち着かせてください。二次発酵により熱が出たり、分解ガスが出ます。
  • 土と良く混ぜれば臭いは気になりません。
  • 使用する量(1袋=10kg)としては、10~14平方メートルを目安としてください。

3.製品について(平成31年4月5日更新)

この生ごみたい肥(食品残さ堆肥)は、静岡県に特殊肥料(たい肥)として生産者届を提出してあります。
(平成18年6月1日農研第4-9号)
主要な成分含有量は、次のとおりです。

平成31年3月19日分析
窒素全量 1.8%
リン酸全量 0.5%
加里全量 2.0%
水分含有量 13.3%
炭素窒素比 20.8

4.その他

生ごみたい肥の袋をそのまま放置すると、袋が破けたりして臭い、カビが発生します。また、小動物がつついたりしますのでご注意ください。
生ごみたい肥についてのお問い合わせは、下記にお願いします。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?