Accessibility
更新日:

児童発達支援事業

定期通園(月~金9時00分~16時00分(保護者の送迎))

月に2回程度、短縮保育日(9時00分~13時00分)があります。

市内に在住する、言葉の遅れや心身の発達に心配がある就学前のお子さんに、個々にあわせた療育や集団参加を通して、一人ひとりの発達を支援していきます。

毎日通園し、お子さんの年齢や発達に応じて日常の生活指導・療育指導を行います。

定期的に保護者との個人面談を行い、課題や支援の仕方を確認し合います。

医療的ケアが必要なお子さんに対しても、相談の上、支援を提供しています。

 

定期通園一日の流れ

9時00分 登園
9時20分頃~

朝の体操

其々の興味に応じた活動

グループでの活動

保育園との交流

室内外での自由なあそび等

11時30分~ 給食
13時00分~ 午睡(体力、年齢に応じて)
15時00分~ おやつ
15時45分 降園
  • 基本的な生活習慣を身につける
    食事・着脱・排泄など個々にあった支援を行い、自分でできる力を育てていきます。
  • 人と関わる力を育てる
    身近な大人との信頼関係づくりから始め、少しずつ周りの人や友だちにも関心がもてるように支援していきます。
  • 丈夫なからだをつくる
    戸外遊びやリズム運動、サーキットあそび、散歩等を通して全身の感覚や運動機能を伸ばし、丈夫なからだづくりをしていきます。
  • 保育園との交流
    隣接する大津保育園とリズム交流、母子交流、給食交流等を定期的に行います。
    転園、就学に向けて、同年齢の子とのかかわりやふれあいを持っていきます。

 

親子通園(さくらんぼ)週1~2回午前

心身の成長や発達に心配がある概ね就園前の子どもを対象に、親子でいろいろな遊び、活動を経験し、親子関係を深め成長を促していきます。

親子でふれあい遊び、運動あそび、散歩、制作あそびなどをしながら、小集団で友だちと関わる楽しさを知ったり、親子のふれあいを楽しみます。

 

並行通園(わたぼうし)週1回午後

幼稚園・保育園等で「友だちとうまく遊べない」「自分の力を発揮できない」「一斉活動にのれない」等の気になる子を支援していきます。

5~10人の小グループで、友だち同士の関わりやルールのある遊びを経験します。

小集団での活動を通して「できた」という満足感・自信へとつなげていきます。

園訪問などを通じ、在籍園との連携をとってすすめていきます。

 

利用手続について

児童発達支援事業(定期通園・親子通園・並行通園)利用には、受給者証が必要です。

詳しくは、ふわり(障害児相談支援事業0547-36-7261)までご相談ください。

 

児童発達支援事業・事業所評価について

児童発達支援事業所については、「事業者による自己評価表」及び「保護者等からの事業所評価の集計結果」を公表することが義務付けられています。

島田市こども発達支援センターにおいても、事業所評価を実施しましたので、次のページをご覧ください。

島田市こども発達支援センター児童発達支援事業・事業所評価結果ページ

カテゴリー

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?