Accessibility
更新日:

軽度者に対する福祉用具貸与

介護保険福祉用具貸与について、要支援1・2、要介護1の方は「軽度者」となり、軽度者の状態像からは利用が想定しにくい品目である場合は、例外的な給付とされています。この例外給付の取扱いについては、ケアマネジャーの適切なケアマネジメントに基づき行う必要があります。

対象品目・取扱いについて
対象品目 車椅子、車椅子付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフト(つり具の部分は除く)、自動排泄処理装置(要介護2・3の方も含む)
取扱いについて ケアマネジャーがケアマネジメントを行う際にご確認ください。 (すべて別ウインドウから開きます。)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?