Accessibility
更新日:

老齢基礎年金

年金を受け取ることのできる人

保険料を納めた期間が原則として10年以上ある人です(免除期間も含む)。
年金がもらえるように保険料はきちんと納めましょう。

いくらもらえる(令和元年6月3日更新)

老齢基礎年金の支給額は、保険料を納めた期間で算出されます。現在、国民年金は20歳で加入し、60歳まで保険料を納めていただくことになっていますが、40年間(480月)定額で全額納めた人は、年間780,100円(平成31年4月からの改定額)受給できます。納付年数が少ないほど、受給額は低くなり、最低条件の10年間(120月)定額で支払った人で年間約195,025円となります。

65歳以前に繰り上げ受給すると(平成31年4月1日更新)

老齢基礎年金の受給は原則として65歳からです。申請することにより、60歳まで繰り上げて受け取ることができますが、受給額が減額してしまいます(一度減額されると、受給額は一生変わりません)。

減額率=0.5%×繰り上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

65歳以降に繰り下げ受給すると(平成31年4月1日更新)

老齢基礎年金の受給は原則として65歳からです。申請することにより、70歳まで繰り下げて受け取ることができます。受給額は繰り下げ月数に応じて増加します。

増加率=0.7%×65歳になった月から繰り下げ請求月の前月までの月数

老齢基礎年金の申請場所(平成31年4月1日更新)

老齢基礎年金の請求先は、加入していた年金制度によって異なります。

  • 国民年金のみ・・・お住まいの市町村役場
  • 厚生年金・・・年金事務所
  • 共済年金・・・共済組合

関連リンク

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?