アクセシビリティ
更新日:

生活困窮者自立支援制度とは

生活に困っている、働きたいけど働けない、住むところを失いそうだ、など生活全般にわたるお困りごとの相談窓口を設置しています。
相談窓口では、相談者の状況に合わせた支援プランを作成し、他の専門機関等と連携して、自立に向けた支援を行います。

生活困窮者自立支援制度では、次の支援を行います。

1.自立相談支援事業

相談窓口で支援員が相談を受け付けます。その相談を受けて、どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、自立に向けた支援を行います。関係機関への同行訪問、就労支援員による就労支援や、必要なサービスの提供に繋げるなど支援を行います。

新型コロナウイルス感染症の影響による生活困窮相談はこちらへ(令和2年6月4日更新)

収入が減ってしまい家計が苦しいなど生活の相談をお受けしています。相談内容により、「緊急小口資金」などの貸付金の説明も行っています。

【ご案内】生活にお悩みの皆さまへ(JPG 202KB)

2.住居確保給付金の支給

離職、廃業、休業などにより収入が減少し、住居を失った方、また失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、住居の家賃相当額を支給します。

住居確保給付金の対象が拡大されました。(令和2年5月1日掲載)

生活困窮者住居確保給付金については、離職者、廃業者を対象としていましたが、休業や、就労収入の減少により、住居の家賃の支払いが困難な方も対象となりました。資産要件、収入要件、その他の支給要件にあう方へ家賃相当額が支給されます。

手続き

支給を受けるには申請が必要です。次の説明を参考に電話等で問い合わせをしてください。
相談、受付、受給中の面接等の窓口業務は、自立相談支援事業実施機関の島田市社会福祉協議会で行います。

【ご案内】対象拡大についてのチラシ (JPG 224KB)   
Q&A のチラシ(JPG 268KB) 

申請先

〒427-0056島田市大津通2番の1(市役所駐車場出口南側)
島田市社会福祉協議会(電話/0547-35-6244)
申請、お問い合わせは、土日祝日を除く平日の午前8時30分から午後5時までにお願いします。

3.家計改善支援事業

収入と支出のバランスがとれていないなどの課題がある方の相談に応じ、家計管理に関する支援、滞納の解消や各種給付金などの利用に向けた支援、債務整理に関する支援、貸付けのあっせんなどを行います。

4.一時生活支援事業

住居を持たない方など不安定な住居形態にある方に、一定期間、宿泊場所や衣食を提供するとともに、退所後の生活に向けて、就労支援などの自立支援を行います。 

 

相談窓口

島田市社会福祉協議会

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?