Accessibility
更新日:

定期予防接種の対象者と接種方法

ヒブ 

対象者

生後2か月から5歳未満

接種方法

2か月から7か月未満で開始

27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種します。3回目接種後7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて追加を1回接種します。

7か月以上1歳未満で開始

27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて2回接種します。2回目接種後7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて追加を1回接種します。

1歳以上5歳未満で開始

1回接種

小児用肺炎球菌(13価) 

対象者

生後2か月から5歳未満

接種方法

生後2か月から7か月未満で開始

27日以上の間隔をおいて3回接種します。ただし、2回目及び3回目の接種は生後2歳までに行う。それを超えた場合は行わないこと(追加接種は可能)。追加接種は3回目を接種後、60日以上おいて、かつ1歳以上で接種します。

生後7か月以上1歳未満で開始

1回目接種後27日以上おいて2回目を接種します。2回目は生後13か月までに完了とします。追加接種は2回目を接種後、60日以上おいて、かつ1歳以上で接種します。

1歳以上2歳未満で開始

1回目を接種後、60日以上おいて追加を接種します。

2歳以上5歳未満で開始

1回接種

B型肝炎 

対象者

1歳未満

(標準的な接種期間は生後2か月に達した時から生後9か月に達するまでの期間)

定期接種対象外者:母子感染予防の目的として、抗HBs人免疫グロブリンを併用したB型肝炎ワクチンの投与を一度でも行った方。

接種方法

27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて第3回目を接種します。

 

ロタウイルス(令和2年10月1日より定期接種となりました。)(令和2年10月2日更新)

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた方

ロタリックス(1価)使用の場合:生後6週から24週まで

ロタテック(5価)使用の場合:生後6週から32週まで

(初回接種は生後2月から生後14週6日までの期間)

定期接種対象外者:腸重積症の既往歴がある方、先天性消化管障害を有する方(その治療が完了したものを除く)、重症複合型免疫不全症の所見が認められる方。

接種方法

ロタリックス(1価)とロタテック(5価)のどちらか一方を選択して接種しますが、選択したワクチンにより接種回数が異なるため、ご注意ください。

ロタリックス(1価)を使用する場合:27日以上の間隔をおいて、2回接種します。

ロタテック(5価)を使用する場合:27日以上の間隔をおいて、3回接種します。

腸重積症の発症リスクを避けるため、15週0日以降の初回接種はお勧めしません。お早めの接種をお願いします。

四種混合 

対象者

生後3か月から7歳6か月未満

(1期初回の標準的な接種期間は、生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間)

接種方法

1期初回:20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種します。

1期追加:1期3回目接種後6か月以上、標準的には12か月から18か月の間に1回接種します。

単独不活化ポリオ 

対象者

生後3か月から7歳6か月未満

(1期初回の標準的な接種期間は、生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間)

接種方法

1期初回:20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種します。
1期追加:1期3回目接種後、12か月から18か月の間に1回接種します。

BCG 

対象者

1歳未満

(標準的な接種期間は、生後5か月に達した時から生後8か月に達するまでの期間)

接種方法

1回接種

麻しん風しん混合 

対象者

1期:1歳から2歳未満

2期:小学校就学前1年間にある年長児

接種方法

1回接種

水痘 

対象者

1歳から3歳まで(1歳誕生日の前日から3歳誕生日の前日まで)

接種方法

3か月以上(標準的には6か月以上12か月まで)の間隔をあけて2回接種します。

日本脳炎 

対象者

1期:生後6か月から7歳6か月未満

(1期初回の標準的な接種期間は、3歳に達した時から4歳に達するまでの期間)

(1期追加の標準的な接種期間は、4歳に達した時から5歳に達するまでの期間)

2期:9歳から13歳未満で1期完了者

(2期の標準的な接種期間は、9歳に達した時から10歳に達するまでの期間)

接種方法

1期初回:6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて2回接種します。

1期追加:1期初回接種後6か月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて1回接種します。

2期:1回接種

日本脳炎の特例措置

第1期、第2期の日本脳炎ワクチン接種は、2005年(平成17年)5月より、積極的勧奨を一部差し控えていましたが、2010年(平成22年)より積極的勧奨が再開されています。

特例1:平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人は、20歳の誕生日の前日まで不足分を公費負担で接種できます。

特例2:平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人で、平成22年3月31日までに第1期の接種が終了していない人は9歳以上13歳未満の間であれば第1期の不足分を公費負担で接種できます。

【重要】18歳以降に日本脳炎予防接種を受ける方へ

高校卒業後、進学や就職に伴い、市外に住民票を異動された方は、島田市の助成で予防接種を受けることができません。帰省等の際に予防接種を受ける方は、予防接種前に必ず住民票の確認をお願いします。

住民票のある自治体で、予防接種費用の助成を行っておりますので、予防接種を希望する方は、異動先の自治体の予防接種担当課にお問い合わせください。

令和4年度から随時、日本脳炎予防接種の勧奨を再開します(令和4年4月1日更新)

令和3年の一部の期間において、供給が見合わせられていた1社のワクチンについて、令和3年12月から供給が再開され、今後、継続的な供給が見込まれることが、厚生労働省から示されました。令和3年度は、4回接種のうち、1期の2回接種(1回目及び2回目)の優先接種をお願いしてきましたが、令和4年度からは全接種対象者の接種が可能となります。また、接種をお待ちいただいていた令和3年度の1期追加及び2期の接種対象者も令和4年度には接種が可能となります。

このことを踏まえ、本市では、令和4年度に小学4・5年生(平成23年4月2日~平成25年4月1日生まれ)の2学年と、高校3年生相当年齢の者(平成16年4月2日~平成17年4月1日生まれ)に対し、2期の予診票を個別通知する予定です。

ただし、供給に伴う接種需要増加により、一時的に予約がとりにくくなることがあります。その場合については、初回接種(1・2回目)が完了していない方や接種期限が迫っている方が優先になる場合がありますので、御承知おきください。

公費による接種が可能な年齢が過ぎないよう、事前に医療機関へ確認・予約の上、接種をお願いします。

日本脳炎について

しまだ・こども手帳をお持ちでない方は、下記の日本脳炎の説明をご覧ください。

日本脳炎の説明(ワード:44KB)

二種混合 

対象者

三種混合完了者で小学6年生

接種方法

1回接種

子宮頸がん予防接種(HPV)

対象者

  • 小学6年生から高校1年生の女子(標準的な接種期間:中学1年生の間)

  ※平成18年4月2日から平成20年4月1日生まれの女子は、令和7年3月31日まで公費で接種可能

  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女子で過去に子宮頸がん予防ワクチンを3回接種していない方(キャッチアップ接種対象者)

  ※令和7年3月31日まで公費で接種可能

  子宮頸がんワクチンのキャッチアップ接種について

  子宮頸がんワクチンの接種を自費で受けた者に対する償還払いについて

接種間隔

子宮頸がんワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があり、接種方法はそれぞれ異なります。

サーバリックス

1月以上の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をおいて3回目を接種します。

sa.jpg

ガーダシル

1月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3月以上の間隔をおいて3回目を接種します。

ga.jpg

※子宮頸がんワクチンの接種を希望する場合は、ワクチンの有効性及び安全性等を理解した上で、主治医と相談して受けてください。厚生労働省のホームページで子宮頸がんワクチンに関する情報をご覧いただけます。

参考

 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんワクチン)について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト・別ウィンドウで開く)

シルガード9(9価子宮頸がんワクチン)※任意予防接種

9価子宮頸がんワクチン任意接種費用の一部助成について

委任状(令和4年7月6日掲載)

被接種者が13歳未満であり、接種当日、親族等が同伴する場合に医療機関へ持参をお願いします。

委任状.pdf (PDF 55.4KB)

異なるワクチンの接種間隔 (令和2年10月1日より改正となりました。)

予防接種は、その効果と安全のため、次の間隔をあけることになっています。

異なるワクチンの接種間隔の規定が改正となりましたので、ご注意ください。

注射生ワクチン同士の接種間隔

次の異なる注射生ワクチン予防接種まで中27日以上あけます。

生ワクチン:BCG・風しん・麻しん・MR混合・水ぼうそう

例:MR混合を令和4年4月1日に接種→水ぼうそうの接種は令和4年4月29日以降に接種可能。

上記以外のワクチン同士の接種間隔

注射生ワクチン同士の予防接種以外の接種間隔の制限はありません。翌日でも接種可能となります。

不活化ワクチン:ヒブ・小児用肺炎球菌・B型肝炎・四種混合・不活化ポリオ・日本脳炎・二種混合・子宮頸がん・水痘・インフルエンザ・高齢者用肺炎球菌

経口生ワクチン:ロタウイルス

例:MR混合を令和4年4月1日接種→四種混合の接種は翌日でも可能。

新型コロナワクチンとの接種間隔

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時には接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?