Accessibility
総合トップページくらし情報安全・安心防災その他災害対策水防法の一部改正に伴う避難確保計画の作成等
更新日:

水防法の一部改正に伴う避難確保計画の作成等

平成25年7月に施行された水防法により、高齢者、障害者、乳幼児等の要配慮者利用施設について、洪水時における避難確保計画の作成や訓練の実施、自衛水防の措置が努力義務化されました。

事業所等の措置の義務付け等

対象事業所

  • 幼稚園
  • こども園
  • 特別支援学校
  • 老人福祉施設
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 認知症対応型老人共同生活援助事業の用に供する施設
  • 通所リハビリテーション
  • 介護老人保健施設
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 通所介護
  • 障害者福祉サービス事業の用に供する施設
  • 障害者支援施設
  • 児童福祉施設等

措置の義務付け

  • 努力義務

措置の内容

(水防法第15条の3)

(水防法施行規則第9条)

  • 避難確保計画の作成、作成した計画は市へ報告
  • 訓練の実施

自衛水防組織

(水防法第15条の3)

  • 自衛水防組織を設置した場合は、構成員を市へ報告

避難確保計画の作成

島田市洪水ハザードマップ、国土交通省中部地方整備局の大井川洪水浸水想定区域図において、河川の氾濫による浸水が想定される区域内(浸水想定区域内)であるか確認し、避難確保計画を作成してください。
※区域外の場合は、洪水による避難確保計画を作成する必要はありません。
作成にあたっては、作成の手引き(国土交通省)を参考に、施設の種別や立地条件等の実態に即して、防災体制(判断時期、活動内容、対応要員)、情報収集及び伝達、避難誘導、施設の整備(資機材の維持管理)、訓練の実施等について規定してください。
なお、各施設において、既に風水害に対する防災(避難)計画等を作成している場合は、その計画に追加することでも構いません。

浸水想定区域の確認

島田市洪水ハザードマップ

国土交通省中部地方整備局

作成の手引き

要配慮者利用施設(病院を除く)に係る避難確保計画作成の手引き

医療施設等(病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等)に係る避難確保計画作成の手引き

洪水予報等の伝達

洪水予報等の伝達は、島田市地域防災計画に基づき、同報無線や車両広報、SNS(島田市危機管理課公式フェイスブックページ防人しまだ)、等のほか、電子メールを用いた「島田市防災メール」を活用しますので、施設管理者等は登録等を行い、自ら情報の収集に努めてください。

国土交通省からのお知らせ

水防法を所管している国土交通省が作成しているホームページです。

また、国土交通省では、河川関係事務所内の「災害情報普及支援室」において、事業者等の皆さまに対し、計画作成、訓練の実施等の技術的助言を行いますので、ぜひご活用ください。

関連リンク

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

よく見られているページ