Accessibility
更新日:

軽自動車税

軽自動車税は、軽自動車等(軽自動車・原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車)の所有者等にかかる税金です。

納税義務者

毎年4月1日現在、市内に軽自動車等を所有している人。

※4月2日以降に廃車や名義変更等をしても、その年度の軽自動車税は4月1日現在の所有者に全額課税されます。(月割りによる軽自動車税の課税や還付はありません。)

※廃棄や譲渡などにより車両を所有しなくなった場合は、3月末までに廃車または名義変更の手続きをしてください。
各種手続きの窓口については、「登録・変更・廃車等の手続き」をご覧ください。

年税額

税制改正により平成28年度から税額が変わりました。

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車の年税額
種別 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付
自転車
第1種(50cc以下) 1,000円 2,000円
第2種乙(90cc以下) 1,200円
第2種甲(125cc以下) 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他 4,700円 5,900円
軽二輪車 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 250cc超 4,000円 6,000円

軽三輪自動車・軽四輪自動車

初度検査年月(最初の新規検査を受けた年月)によって税率が異なります。初度検査年月については、自動車検査証の「初度検査年月」欄に記載されています。

軽三輪自動車・軽四輪自動車の年税額
種別 税率(年額)
A:新税率
(初度検査年月が
平成27年4月以降)
B:旧税率据え置き
(初度検査年月が
平成27年3月以前)
C:重課税率(初度検査年月から13年を経過)
三輪 3,900円 3,100円 4,600円
四輪乗用 自家用 10,800円 7,200円 12,900円
営業用 6,900円 5,500円 8,200円
四輪貨物 自家用 5,000円 4,000円 6,000円
営業用 3,800円 3,000円 4,500円
  • A:初度検査年月が平成30年4月から平成31年3月までの車両で、一定の環境性能を有する車両は、税率の軽減措置「グリーン化特例(軽課)」が適用されます。(当該車両を取得した年度の翌年度分のみ)
  • B:令和元年度は、初度検査年月が平成18年4月から平成27年3月までの車両が該当します。
  • C:令和元年度は、初度検査年月が平成18年3月以前の車両(電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、混合メタノール自動車、ハイブリッド自動車、被けん引自動車を除く)が該当します

重課税率の適用について

グリーン化を進める観点から、初度検査年月から13年を経過した車両については重課税率が適用されます。ただし、電気自動車・天然ガス自動車・メタノール自動車・混合メタノール自動車・ハイブリッド自動車・被けん引自動車は重課税率適用対象外です。

  • 令和元年度課税→初度検査年月が平成18年3月以前の車両
  • 令和2年度課税→初度検査年月が平成19年3月以前の車両

グリーン化特例(軽課)

初度検査年月が平成30年4月から平成31年3月までの軽四輪等で、一定の環境性能を有する車両については、当該車両を取得した年度の翌年度分29年度分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。燃費基準の達成状況は、自動車検査証の「備考」欄に記載されています。

グリーン化特例(軽課)
種別 税率(年税額
75%軽減対象車 50%軽減対象車 25%軽減対象車
三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
四輪貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円
税率が概ね75%軽減される車両
  • 電気自動車
  • 天然ガス自動車で、平成21年排出ガス規制値からNOx(窒素酸化物)10%低減達成車又は、平成30年度排出ガス基準達成車
税率が概ね50%軽減される車両

ガソリンを内燃機関の燃料として用いる軽自動車のうち、

  • 【乗用】平成17年度排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+30%達成車
  • 【貨物用】平成17年度排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
税率が概ね25%軽減される車両

ガソリンを内燃機関の燃料として用いる軽自動車のうち、

  • 【乗用】平成17年度排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+10%達成車
  • 【貨物用】平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

登録・変更・廃車等の手続き

原動機付自転車(125cc以下)及び小型特殊自動車

手続き窓口

  • 課税課資産税担当(市役所本庁舎2階)
  • 金谷南支所地域総合課
  • 川根支所地域総合課

必要書類一覧(「◎」:必ず必要、「●」:いずれか一つは必要、「△」:あれば必要)

申請書はこちら→申請書ダウンロード

登録・変更・廃車等の手続き
  所有者
の押印

石ずりに
ついて

(形式認定
適合書)

販売証明書
(車台番号の記載、販売店の押印があるもの)
譲渡証明書
(車台番号の記載、旧所有者の押印があるもの)
ナンバー
プレート
標識交付
証明書
廃車申告
受付書
ナンバープレートがついていない新車・中古車を登録する    
島田市のナンバープレートがついている車両の名義を変更する(ナンバープレートはそのまま使用する)        
他市区町村のナンバープレートがついている車両の名義や定置場所を変更する  
名義変更する場合
 
排気量変更
排気量変更理由書を添付
       
破損、紛失等による標識再交付       弁償金に
ついて
 
廃車       弁償金に
ついて
 
  • 「石ずり」について
    車両には、本体に車台番号(製造番号)が刻印されています。その車台番号に薄めの紙(マスキングテープ等)をあてて、紙の上から鉛筆や色鉛筆で車台番号を写し取ったもの(拓本)をお持ちください。石ずりの代わりに車体の写真(車台番号が読み取れるもの)でも構いません。
  • 「販売証明書」「譲渡証明書」について
    軽自動車税申告書兼標識交付申請書の「販売/譲渡証明書欄」を使用する場合は不要です。
  • 「排気量変更理由書」について
    排気量を変更された場合は、モータース又は二級以上の整備士の資格を持った方が保安基準等を満たしているか点検確認した旨の署名・押印がされた「排気量変更理由書」が必要となります。
  • 「弁償金」について
    ナンバーを無くしてしまった場合には、廃車手続きの際に弁償金として100円を納めていただきます。

軽三輪自動車・軽四輪自動車

手続き窓口

軽自動車検査協会 静岡事務所
所在地:静岡市駿河区国吉田一丁目1番26号
TEL:050-3816-1776

軽二輪車(125cc超250cc以下)

手続き窓口

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会 静岡事務所
所在地:静岡市駿河区国吉田一丁目1番27号
TEL:054-261-6337

二輪の小型自動車(250cc超)

手続き窓口

中部運輸局 静岡運輸支局
所在地:静岡市駿河区国吉田二丁目4番25号
TEL:050-5540-2050

軽自動車税の減免

次の車両については、申請により軽自動車税の減免が受けられる場合があります。
※軽自動車税の減免を受けるには、納期限の7日前までに毎年申請が必要です。

障害者等が所有する車両

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳のいずれかをお持ちの方で、障害の程度が該当表に該当する方が所有する車両(1人1台のみ)

  • ※障害のある方の通学、通所等のために使用されている車両であること。
  • ※身体障害者で年齢18歳未満の場合は、生計同一者が所有者の車両でも減免の対象となります。
  • ※知的障害者又は精神障害者の場合は、生計同一者が所有者の車両でも減免の対象となります。

身体障害者等の利用に供するための構造を持つ車両

「車いす移動車(身体障害者輸送車)」「入浴車」等、構造が専ら身体障害者等の利用に供するものであると認められる車両

生活扶助の受給者等が所有する車両

生活保護の生活扶助を受給されている方が所有する車両(福祉事務所が所有を認めているもの)

公益のため直接専用する車両

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?