Accessibility
更新日:

交通安全

交通安全に関するお知らせ

県下統一スローガン(令和2年度静岡県交通安全運動基本方針で定められています)

「安全をつなげて広げて事故ゼロへ」

トピックス

  • 県内では交通死亡事故が多発しています!
  • 運転手も歩行者も交通事故を起こさない、遭わないよう、安全確認を心がけましょう!
  • 後部座席でもシートベルトを着用しましょう!
  • 70歳以上の方は高齢者運転標識を取り付けましょう!!
  • 13歳未満のお子さんが自転車に乗るときはヘルメットを着用させましょう!!
  • 「ピカッと作戦!」歩行者・自転車は自発光式反射材を着用しましょう!
  • 「ピカッと作戦!」運転者は早めのライトオンを心がけましょう!
    [ライト点灯の目安時刻]
    春(3~5月):午後5時
    夏(6~8月):午後6時
    秋・冬(9~2月):午後4時

令和2年度各季の交通安全運動

春の全国交通安全運動

 実施期間

 令和2年4月6日(月)から4月15日(水)までの10日間

 運動初日広報・街頭指導の日・・・4月6日(月)

 「通学路安全対策」強化の日・・・ 4月8日(水)

 交通事故死ゼロを目指す日・・・4月10日(金)

 運動の重点

 1.子供を始めとする歩行者の安全の確保

 2.高齢運転者等の安全運転の励行

 3.自転車の安全利用の推進

 4.飲酒運転の根絶

 5.新入学児童と高齢者の交通事故防止・・・島田市重点

 春の全国交通安全運動ちらし.pdf (PDF 3.67MB)

夏の交通安全県民運動(令和2年6月1日更新)

 実施期間

 令和2年7月11日(土)から7月20日(月)までの10日間

 運動事前広報街頭指導の日・・・7月10日(金)

 子供と高齢者の交通事故防止の日・・・7月15日(水)

 飲酒運転根絶の日・・・7月17日(金)

運動の重点

 1.子供と高齢者の交通事故防止

 2.自転車と二輪車の安全利用の推進

 3.飲酒運転の根絶

 4.子供の交通事故防止、自転車マナーの向上・・・島田市重点

秋の全国交通安全運動(令和2年9月7日更新)

 実施期間

 令和2年9月21日(月)から9月30日(水)までの10日間

 運動事前広報街頭指導の日・・・9月18日(金)

 夕暮れ時と夜間の交通事故防止の日・・・9月24日(木)

 交通事故死ゼロを目指す日・・・9月30日(水)

 運動の重点

 1.子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保

 2.高齢運転者等の安全運転の励行

 3.夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止

 4.交通マナーの向上・・・島田市重点

 秋の全国交通安全運動ちらし (PDF 3.9MB)

年末の交通安全県民運動

 実施期間

 令和2年12月15日(火)から12月31日(木)までの17日間

自転車の交通安全情報(令和2年6月19日掲載)

市内の自転車事故発生状況

令和元年(平成31年)島田市内自転車事故発生状況

期間 平成31年1月1日~令和元年12月31日
発生件数 54件(うち、死者数1人、負傷者数54人)

年代別

負傷者数

小中学生6人高校生14人

高齢者(65歳以上)11人

※ 下校・通勤中の午後4時~6時に、事故が最も多く発生しています。また、交差点などで出合い頭での事故が、全体の半数近くを占めています。

自転車事故を防ぐために

  • スマートフォンを操作しながら、イヤホンで音楽を聴きながらの「ながら運転」は、絶対にやめましょう!
  • 時間や気持ちにゆとりをもち、前後や左右の安全確認を確実に行いましょう!
  • 車と同様、一時停止標識のある場所や、左右の見通しがきかない交差点では、必ず一時停止をし、安全確認を確実に行いましょう!

 自転車安全利用五則を知っていますか?

1.自転車は車道が原則、歩道は例外

  自転車が歩道を通行できるのは

  • 道路標識で指定された場合
  • 運転者が13歳未満の子供、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
  • 車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合

2.車道は左側を通行

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4.安全ルールを守る

  • 信号を正しく守る
  • 一時停止と安全確認をしっかり行う
  • 二人乗りはしない
  • 道路は並んで走らない
  • 夜間は必ずライトを点灯する
  • 飲酒運転はしない、させない

5.子供はヘルメットを着用

自転車保険に加入していますか?(令和元年9月6日掲載)

「静岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」施行により、10月1日から

「自転車賠償責任保険への加入」「児童・中学生の自転車通学時乗車用ヘルメットの着用」義務化されます。

保険の加入は、自転車に乗る全ての人が対象です。万が一の加害事故に備え、加入している保険が自転車事故に対応しているか、家族で確認してください。

【損害賠償に対応している場合】・・・以下のいずれかを満たすこと。

  • PTAや学校が窓口の保険に加入している。(小・中学生総合補償制度、高校生総合補償制度など)
  • 自動車の任意保険、火災保険、傷害保険、共済などの「個人賠償責任補償特約」が付いている。※保険の契約内容をご確認ください。
  • 自転車向けの保険に加入している。
  • 使用している自転車に「TSマーク」が貼ってあり、点検日から経過期間が1年以内。

【損害賠償に対応していない場合】・・・いずれの場合も、保険の加入が必要です。

  • 自転車にTSマークがない。
  • TSマークの点検日から1年以上が経過している。
  • 保険に加入していない。

静岡県自転車条例ちらし

静岡県自転車条例チラシ(PDF 2.7MB)

自転車保険に加入していますか?チラシ (PDF 4.68MB)

静岡県ホームページ(外部サイト・別ウィンドウでひらく)

交通安全講習会を開催してみませんか?

町内会、老人クラブ、スポーツ団体、子ども会、趣味の会などなど、様々な組織で「交通安全講習会」を開催してみませんか?

開催費用

無料

内容

  • 警察官や交通安全指導員などから事故状況の説明
  • 交通事故を起こさない、遭わないための講話
  • 啓発用ビデオの鑑賞
  • 屋内・屋外での実技指導・体験

その他

地域の公会堂や集会場などの会場の手配をお願いします。
実際に行う内容は、会場や時間帯などによりご相談の上決定させていただきます。
交通事故防止に役立つ啓発品のプレゼントもあります。

申し込み

日程調整等が必要となりますので、事前に生活安心課までご連絡ください。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?