Accessibility
更新日:
島田市公共施設への電力供給等業務

島田市が所管する公共施設においては、これまでにも省電力、省エネルギーの取組を推進しているところですが、各種機械設備の増加等を要因としたエネルギー消費量の増大が懸念されています。厳しい財政状況にある島田市にとって、エネルギーコストの削減による公共施設のランニングコストの縮減は重要な課題の一つです。
島田市が所管する公共施設において使用する電力の調達コスト削減や低炭素型まちづくりの実現、エネルギーの地産地消、SDGs(持続可能な開発目標)の達成等に貢献する提案を求めて、公募型プロポーザルを実施し、受託者を決定します。

基本協定の締結について(令和2年4月20日掲載)

公募型プロポーザルで最優秀提案者に選定した事業者と、プロポーザル実施要領9(4)の規定により令和2年4月17日に基本協定を締結しました。今後は、プロポーザルで提案された内容について、市と選定事業者の間で詳細な協議を行い、本年7月を目途に本協定を締結し、順次業務を開始する予定です。

基本協定の名称

SDGsを先導し持続可能なまちづくりを推進する電力供給等業務に関する基本協定

基本協定を締結した事業者

島田瓦斯株式会社
静岡ガス株式会社
静岡ガス&パワー株式会社

提案の概要

 (1) 電力調達コストの削減
・市役所本庁舎を含む47施設への電力供給

 (2) 付加提案
低炭素型まちづくりの実現、エネルギーの地産地消、SDGs(持続可能な開発目標)の達成等に資する取組として以下の提案がありました。
・公共施設への太陽光発電設備、蓄電池、電気自動車の設置
・市民発電電力のアグリゲーションによる地域経済循環の創出(卒FIT電力の金券による買取り、公共施設への供給)
・太陽光発電等による余剰電力の施設間融通(公共施設で発電した電力に余剰が生じた場合は公共施設間で融通する)
・新庁舎建設計画への付加価値提供(ZEB認証支援、省エネ・環境教育ツールの構築協力 等)
・省エネルギー診断による電力消費量の削減

提案のコンセプト

公民連携による、環境にやさしいまちづくり(再生可能エネルギーの活用)、災害に強いまちづくり(蓄電池、電源の多様化)、地域経済の活性化(地域内経済循環)への寄与

公募型プロポーザルの審査結果について(令和2年3月30日掲載)

公募型プロポーザルによる最優秀提案者の選定について、令和2年3月27日に付加提案書等のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査委員会において審査した結果、以下のとおり最優秀提案者及び次点者を選定しました。

最優秀提案者 島田瓦斯株式会社共同企業体
次点者 中部電力株式会社

※選定基準に基づいた審査の結果であり、各事業者の社会的な評価ではありません。

プロポーザル審査結果について(PDF 106KB)

質問及び回答(令和2年3月4日掲載)

提出された全ての質問とその回答を掲載しています。なお、質問への回答に伴い、提出書類の様式等について一部修正を行いましたので、以下よりご確認ください。

質問及び回答一覧 (PDF 145KB)

(質問番号6関係)現地調査希望調査表(DOCX 23.9KB)
(修正版)様式集(様式3-2・4・5)

(修正版)予定契約電力及び月別予定使用電力(PDF 271KB)

公募型プロポーザルへの参加者募集

島田市公共施設への電力供給等業務の受託者を選定するために実施する公募型プロポーザルへの参加者を募集します。

業務名

島田市公共施設への電力供給等業務

応募方法

参加を希望される方は、以下の実施要領等をご確認の上、必要書類を提出してください。

公告

公募型プロポーザル方式に係る手続き開始の公告(PDF 337KB)

公募型プロポーザルに関する要領等

島田市公共施設への電力供給等業務公募型プロポーザル実施要領(PDF 521KB)

(修正版)様式集(様式1~6)

【参考資料】

(修正版)予定契約電力及び月別予定使用電力(PDF 271KB)

※入札参加資格者名簿への登録手続に関しては、以下のリンク先をご参照ください。

2019・2020年度物品購入等入札参加資格申請

 

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

よく見られているページ