Accessibility
更新日:

法蔵寺千手観音立像

指定文化財 彫刻
法蔵寺千手観音立像(ほうぞうじせんじゅかんのんりゅうぞう)
室町時代後期 像高101cm 昭和59年5月22日指定 法蔵寺 島田市尾川321

法蔵寺の秘仏です。ふくよかな顔と体つきは中国宋風芸術の影響を強く受けており、イチイ材の寄木造りで室町時代後期の作とされています。昭和59(1984)年5月22日、島田市指定文化財に指定されました。

 

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?