Accessibility
更新日:

開拓の鐘

明治15年~20年頃牧之原開拓時に、時をつげるツールとして使用しました。その後、津島神社の祭り開始の合図用として使用されてきました。先人たちの開拓の苦労を子孫たちが感謝し、牧之原コミュニティセンター「さんらいむ」にて保存してきました。平成30年に30年ぶりに津島神社の祭りの合図として復活しました。

開拓の鐘.jpg

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?