Accessibility
更新日:

国民年金保険料の納付

保険料の額(令和元年6月3日更新)

  • 定額保険料、月額16,410円(平成31年4月~令和2年3月)
  • 付加保険料、月額400円

付加保険料とは?

国民年金基金に加入していない第1号被保険者は、定額保険料を納付する際に、あわせて付加保険料を納めると、老齢基礎年金を受給するときに、上乗せの付加年金を受けることができます。

  • 納める額→〔付加保険料額〕:月額「400円」
  • 受け取る額→〔付加年金額〕:年額「200円×納付月数」

保険料の納め方

国民年金保険料は、納付書、口座振替、クレジットカードなどにより納付できます。

納付書で納付する(令和元年6月3日更新)

納付書は年金事務所より送付されます。
納付書に記載された金融機関、コンビニエンスストアで納付できます。
毎月納付と、半年分・1年分・2年分の前納方法があります。
前納用納付書で前納すると、保険料の割引があります(割引額は前納期間により異なります)。

【割引例】※令和元年度の場合

  • 半年分を前納する場合の保険料は、97,660円(半年間で800円の割引)です。
  • 1年分を前納する場合の保険料は、193,420円(1年間で3,500円の割引)です。
  • 2年分を前納する場合の保険料は、380,880円(2年間で14,520円の割引)です。

口座振替で納付する(令和元年6月3日更新)

毎月の保険料は、翌月末に引き落とされます。
毎月の保険料の引き落としを当月末に前倒しすると、月額50円の割引になります。
このほか、半年分・1年分・2年分の前納も可能で、前納期間に応じた割引が受けられます。納付書でのお支払いよりも便利でお得な制度ですのでぜひご利用ください(詳細は、窓口でお問い合わせください)。

【口座振替による割引例】※令和元年度の場合

  • 半年分を前納する場合の保険料は、97,340円(半年間で1,120円の割引)です。
  • 1年分を前納する場合の保険料は、192,790円(1年間で4,130円の割引)です。
  • 2年分を前納する場合の保険料は、379,640円(2年間で15,760円の割引)です。

クレジットカードで納付する(令和元年6月3日更新)

毎月の保険料は、翌月末に引き落とされます。
このほか、半年分・1年分・2年分の前納も可能で、前納期間に応じた割引が受けられます(詳細は、窓口でお問い合わせください)。

【クレジットカードによる割引例】※令和元年度の場合

  • 半年分を前納する場合の保険料は、97,660円(半年間で800円の割引)です。
  • 1年分を前納する場合の保険料は、193,420円(1年間で3,500円の割引)です。
  • 2年分を前納する場合の保険料は、380,880円(2年間で14,520円の割引)です。

《注意事項》

  1. 令和2年度の保険料について、1年または2年分の前納を希望される場合は、令和2年2月末までに口座振替の申し込みが必要です。
  2. 令和元年10月分からの半年前納は令和元年8月末までに、令和2年4月分からの半年前納は令和2年2月末までに口座振替の申し込みが必要です。
  3. 口座振替については、金融機関又は島田年金事務所へ預金通帳・金融機関届出印・納付書又は年金手帳をご持参の上、お申し込み願います。お申し込みから振替開始までに1~2か月かかります。

関連リンク

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?