Accessibility
更新日:

療養費

療養費の全額を支払ったときは申請をすると、審査により、保険適用部分の一部が払い戻されます。

申請により払い戻される場合

  • 緊急その他やむをえない事情で保険証を持たずに治療を受けたとき
  • 骨折やねんざなどで、接骨院等の柔道整復師の施術を受けたとき
  • コルセットなどの補装具代(医師が必要と認めた場合)
  • 医師の指示で、あんま・はり・灸の施術を受けたとき
  • 輸血をしたときの生血代
  • 入院や転院などの移送の費用(国保が必要と認めた場合)
  • 海外渡航中に病気やケガで治療を受けたとき
    →詳しくは、海外療養費ページをご覧ください

申請手続き(平成30年4月1日更新)

下記のものを持参し、「国保年金課国民健康保険係」または「金谷南・金谷北・川根支所の地域総合課」へ申請してください。

  • 療養費支給申請書 (国保年金課、各支所の窓口にあります。)
  • 窓口に申請に来られる人の顔写真付きの身分証(免許証、パスポートなど)
  • 世帯主と療養を受けた人のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し)
  • 国民健康保険証
  • 領収書
  • 医師の証明書(意見書または診断書)
  • 装具内訳書または明細書(領収書に記載のある場合は必要ありません。)
  • 靴型装具の場合は現物の写真
  • 振込先口座(世帯主名義のもの)

※療養費の振込先は、原則世帯主名義の口座になります。世帯主以外の口座に振込みを希望する場合は、委任欄への世帯主と口座名義人それぞれの署名、押印が必要となります。

国民健康保険の加入の届出が遅れると、払い戻しできない場合があります。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?