Accessibility
更新日:

島田市家庭の日

家庭の日とは

「家庭の日」とは、家族が一緒に過ごし、コミュニケーションを図ることにより、家族の絆を深めるとともに、家庭の大切さを振り返る機会としていただく日です。

島田市の取り組み

島田市では、第三日曜日を「島田市家庭の日」としています。

家庭教育学級での取り組み

各小学校の家庭教育学級では、令和4年度より、家庭の日を活用して「家庭読書」を実施しています。原則として第三日曜日での実施をお願いしていますが、各学級の役員が学級生と相談して日程を決めています。各家庭の取り組みとしては、大人が子供に本を読んであげたり、逆に子供が大人に読んであげるなど、本を通したコミュニケーションを楽しんでいます。
学級生からは、「日頃は子供とのコミュニケーションが少なくなりがちな父親との有意義な時間がとれた」や、「自分が子供のころ好きだった本を読んであげて、子供たちが笑顔で夢中になって聞いていた姿が感慨深かった」などの感想が寄せられています。

また、家庭教育広報誌「きずな」で、第三日曜日は家庭の日として周知しています。

島田市ペアレントサポーターの取り組み

市内の翌年度の新一年生保護者を対象とした「親学講座」では、島田市ペアレントサポーターが、「家庭教育の基本は、家族のコミュニケーション」として、「島田市家庭の日」を周知しています。各家庭が家庭の日を楽しく過ごせるよう、ノーテレビの日や家庭読書の日をつくるなど、取り組みを紹介しています。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?